Slide 1 Slide 2 Slide 3 Slide 4

地域みっちゃく生活情報誌


画像01

地域みっちゃく生活情報誌とは、株式会社中広(岐阜)が運営・統括する情報誌の総称で、グループ全体で640万部発行しています。(2016.9月現在)
弊社は2012年、株式会社中広とVC契約を締結し、同年10/20より和歌山市内の紀ノ川以北エリアに限定した地域みっちゃく生活情報誌「らくり」を発行、同エリアの各戸に無料配布を始めました。2013年12月号より紀ノ川以南の一部エリアにも配布を開始し、将来的に和歌山市全域を対象エリアにした情報誌を目指しています。総発行部数は74,000部。(※2016.12月現在)
また、2016年10/31からは、那賀地域(岩出市・紀の川市)に配布する地域みっちゃく生活情報誌「まいなぁが」も発行しました。総発行部数37,000部。(※2016.12月現在)
●らくり媒体資料[PDF] 画像02
●まいなぁが媒体資料[PDF] 画像02



過去の巻頭特集[らくり]


号数発行日取材対象概要
0012012.10.20県立和歌山北高校ロンドン五輪に5人もの卒業生が出場するという異例の快挙を成し遂げた同校の“今”を探る。
0022012.11.20加太観光協会青年部加太地区の再生に地区内外の若者が知恵を出し合い動き出し始めた。彼らの手によって、いま、加太のまちに活気が戻りつつある。
0032012.12.20株式会社世界一統紀州の偉人・南方熊楠の血を受け継ぐ探求心で、新たな挑戦に踏み出した老舗酒造「世界一統」。地域ブランドを盛り上げ、目指すは「うまさの先へ」。
0042013.1.20私立開智高校春高バレーに10年ぶり4回目の男女アベック出場を果たした開智高校の素顔に迫るべく、1月の大会に向けて練習に励む男女バレー部を訪れた。
0052013.2.20淡嶋神社和歌山市の春を彩る風物詩の代表となった加太・淡嶋神社の例大祭・雛祭り、雛流し。「ひな祭り」の起源も含め、淡嶋神社の宮司にお話を聞いた。
0062013.3.20紀州レンジャーズ関西独立リーグ開幕から参加を続ける唯一の球団「紀州レンジャーズ」。地域に愛される球団を目指し日々励んでいる。
0072013.4.20山利(しらす創り)和歌山特産品のひとつ「しらす」。そんな和歌山産しらすのブランド力を向上させ「カルチャーフードに」と意欲を燃やすじゃこ屋≠訪ねた。
0082013.5.20グリーンオアシス和歌山市北部の住宅街を少し抜けた紀伊山脈の麓から響いてくる蹄の音に誘われるように、和歌山市唯一の乗馬クラブ「グリーンオアシス」を訪ねた。
0092013.6.20和歌山労災病院紀ノ川以北唯一の災害拠点病院である「和歌山労災病院」が目指す真の地域医療とはいかなるものか、南條輝志男院長に聞く。
0102013.7.20鎌田千香子(ル・シュクリエ)繊細な模様、花びらの一枚一枚まで再現した花…。砂糖で作られているのが信じられない作品を創り出す世界一のシュガーアート作家が和歌山市にいる。
0112013.8.20和歌山トライアンズ県下初のプロスポーツ球団「和歌山トライアンズ」。和歌山というコートを舞台に、バスケットボールの新たな歴史を築いていく。
0122013.9.20和歌山信愛中学・高校理系を活躍のフィールドに選択する「リケジョ」たちの取り組みを追う。
0132013.10.20ボウリング女子高生ペア紀の国わかやま国体での活躍も期待されている「県内最強の女子高生ペアボウラー」の魅力をさぐる。
0142013.11.20木ノ本獅子舞保存会県の無形民俗文化財に指定されている「木ノ本八幡宮の獅子舞」を守り続ける男たちの情熱と郷土愛。
0152013.12.20オークワきたる創立55周年に向け、パームシティと屋形店の大改装を行ったオークワの考える地域サービスとは。
0162014.1.20JA和歌山ビルJR和歌山駅前に竣工した、県内農業振興の新拠点となるビルを特集。
0172014.2.20和歌山県学生献血推進協議会最も身近な命のボランティアである「献血」を推進する学生たちの精力的な活動を追う。
0182014.3.20覚えていますか母校の歌配布エリアの公立中学校10校の校歌を掲載。懐かしい校歌とともにあの頃の思い出をよびさましてもらいたい。
0192014.4.20新・北消防署消防力の強化のため、組織再編された和歌山市消防局。その中で合併・新生した北消防署(元西消防署)に取材した。
0202014.5.20玉林園和歌山市民のソウルフードといえる「グリーンソフト」や「てんかけラーメン」で有名な玉林園の歴史をさぐる。
0212014.6.20燗屋和歌山店41年の歴史にピリオドをうつ「燗屋和歌山店」の歴史とラストスパートへの情熱を取材。
0222014.7.22アルテリーヴォ和歌山今期入団した2人の元・日本代表「辻本茂輝」「永井雄一郎」両氏にチームの現在(いま)を聞いた。
0232014.8.20家具のあづま伝統的な箪笥作りを守り続ける「家具のあづま」の若き職人たちに迫る。
0242014.9.20ファン×ファン和歌山を代表する地域密着するアイドルたちの姿を追う。
0252014.10.20和歌山城の忍者と語り部和歌山城を訪れる観光客をサポートする忍者と語り部の活動とは。
0262014.11.20和歌山県第九合唱団1972年からの歴史を誇る合唱団が語る「第九」の魅力をお届けする。
0272014.12.20日前宮市民に馴染みの深い「日前宮」の名の由来を、日本神話につながる歴史からひも解く。
0282015.1.20ジュエルズ多方面で活躍する女性たちが立ち上げた女子会に密着取材。
0292015.2.20覚えていますか母校の歌配布エリアの高校の校歌を掲載。懐かしい校歌とともにあの頃の思い出をよびさましてもらいたい。
0302015.3.20移動スーパーとくし丸買い物難民の光明となるべくサンキョーが運営する移動スーパー「とくし丸」を取材。
0312015.4.20角谷三兄弟クラトキボクシングジムに所属するプロボクサー三兄弟の素顔に迫る。
0322015.5.20マツゲン55周年を迎えたマツゲンのこれまでのあゆみを振り返る。
0332015.6.22貴志中学校合唱部全国クラスの実力を持った貴志中学校合唱部の活動を追った。
0342015.7.21紀州夢祭り地元を愛し、地元を盛り上げるために活動する若者たちを取材。
0352015.8.20和歌山高等美容専門学校和歌山美容界のパイオニアである同校の「ハートで学ぶ」指導とは。
0362015.9.24らくり美味18SELECTスタッフが厳選した和歌山市の美味いものを紹介。
0372015.10.20市高デパート生徒たちの体験教育の場、そして地域住民が楽しみにするイベントである「市高デパート」の実行メンバーに話を聞く。
0382015.11.20県立向陽中学・高校前身の学校から数え、創立100周年を迎える同校の生徒たちに学び舎への想いを聞いた。
0392015.12.20をぐらや和歌山城のお膝元で人形店を営む老舗「をぐらや」の歴史をさぐる。
0402016.1.20デコ巻き寿司県内に数名しかいないデコ巻きマイスターの「かおり巻子」さんに和歌山のデコ巻き事情を聞く。
0412016.2.22孫市の会和歌山の戦国ヒーロー雑賀孫一をシンボルに地域の活性化を目指す「孫市の会」を取材。
0422016.3.22お城の動物園を支える人たち長く市民に愛され続ける「お城の動物園」を日頃から支えている人たちに話を聞いた。
0432016.4.20わキャラまーけっと!和歌山ビジネスコンピュータ専門学校を中心に、和歌山のオタクカルチャーを活性化させる「わキャラま!」を調査。
0442016.5.20加太の新おさかなリゾート加太の観光事業をより一層高めようと頑張っている観光協会ほか関係者たちに取材を行った。
0452016.6.20モトクロスライダー田村龍聖現役高校生ながら、モトクロス国内A級でトップクラスの実力を誇る田村選手に迫る。
0462016.7.20IBW美容専門学校IBW美容専門学校が大切にしている「美から始まる幸せの連鎖」とは。
0472016.8.22防災学習センター見て、聞いて、体験しながら防災・災害の学習ができるセンターの魅力を伝える。
0482016.9.20豆腐マイスター豆腐のスペシャリストである豆腐マイスターとは、どんな資格なのか。
0492016.10.20紀伊中学校・吹奏楽部生徒と先生の二人三脚で和歌山を代表する吹奏楽部にまで成長した同校に話を聞いた。
0502016.11.21クリスマスの意味を知るクリスマス本来の意味をカトリック校である信愛中高のシスターに教えてもらった。
0512016.12.20水門吹上神社えべっさんの神社として親しまれる水門吹上神社の由来や歴史を知る。
0522017.1.20城下町にゃんこの会野良猫や捨て猫などの里親探しに奔走するボランティア団体の活動を追った。
0532017.2.20わかやまサイクリングフェスタ和歌山初となるサイクリングフェスタとは。地域に密着したイベントを調査。
0542017.3.21グランヴィア和歌山開業30周年を迎える和歌山のゲートホテルのスタッフにその想いを聞いた。



過去の巻頭特集[まいなぁが]


号数発行日取材対象概要
0012016.10.31岩出ラグビースクールW杯で巻き起こったラグビーブームを消さぬようにと熱く楽しく切磋琢磨する生徒とコーチ陣に話を聞いた。
0022016.11.30株式会社九重雜賀創業以来109年の歴史を誇る地元の酒蔵メーカー「九重雜賀」のこだわりと信念とは。
0032016.12.26根來寺年末年始を控えた地域の住民に愛される根來寺に、その由来と歴史を取材。
0042017.1.31紀の川市・女性消防分団男性にはない目線からの広報・啓発活動を担う19人の女性隊員に話を聞いた。
0052017.2.28覚えていますか母校の歌配布エリアの中学校8校の校歌を掲載。懐かしい校歌とともにあの頃の思い出をよびさましてもらいたい。
0062017.3.31県植物公園 緑花センター新しい遊具も増え、これからますます賑わいを見せる同園に取材。

スタッフブログ